>>01SUPERBODYラインナップ
01スーパーボディ ニッサン・スカイライン HT2000GT(C210)

IMAGE PHOTO

01スーパーボディ ニッサン・スカイライン HT2000GT(C210)01スーパーボディ ニッサン・スカイライン HT2000GT(C210)01スーパーボディ ニッサン・スカイライン HT2000GT(C210)01スーパーボディ ニッサン・スカイライン HT2000GT(C210)01スーパーボディ ニッサン・スカイライン HT2000GT(C210)01スーパーボディ ニッサン・スカイライン HT2000GT(C210)01スーパーボディ ニッサン・スカイライン HT2000GT(C210)01スーパーボディ ニッサン・スカイライン HT2000GT(C210)

01スーパーボディ ニッサン・スカイライン HT2000GT(C210)

ABCホビーのスカイラインシリーズ、今度は「ジャパン」がやってきた!排ガス規制の中で生まれたジャパン、後期型のターボエンジンの導入によりスカイラインGTらしい走りを取り戻した。さらに刑事ドラマでの大活躍も相まって、販売台数はケンメリに次いで歴代2位を記録した。その「スカイライン・ジャパン」が1/10ツーリング用ボディとして堂々の登場!

01スーパーボディ ニッサン・スカイライン HT2000GT(C210)

スカイライン伝統のサーフィンライン、ラジエーターグリルや丸型テールランプなども三次元CADにより精巧に表現しています。
さらに、コンピューターグラフィックを駆使したハイディフィニションデカールは細部にまでこだわり、ボディの仕上がりをさらにレベルアップさせます。今回は、ノーマル仕様、ターボ仕様のパーツとデカールを用意しました。どちらのジャパンを作り上げるかは貴方次第です。

01スーパーボディ ニッサン・スカイライン HT2000GT(C210)

◇全長/Length … 477mm ◇全幅/Width … 190mm ◇ホイルベース/Wheelbase … 260mm
<付属品>
ハイディフィニションデカール、マスキングフィルム、専用電飾ライトカバー
※写真のボディは、塗装完成作例です。ボディ本体等は全て未塗装です。
※本製品には走行用シャーシ、タイヤ、ホイール、電飾LED、ミラー、マフラー、ナンバープレートは付属しません。
※写真に掲載されているホイールはスピードワークス社のホイールを使用しています。

01スーパーボディ ニッサン・スカイライン HT2000GT(C210) 品番 66129 価格 4,500円(税別)

01スーパーボディ ニッサン・スカイライン HT2000GT(C210)

日産・スカイライン 5代目・C210型(1977〜1981)

1977年8月、先代のC110型「ケンメリ」から世代交代したC210型。自らを「日本の風土が生んだ名車」であると名乗り、広告キャンペーンのキャッチコピーを「SKYLINE JAPAN」としたことから、ファンからは「ジャパン」の愛称で親しまれる。ケンメリの時代からレースで活動していなかったスカイラインは、5代目のジャパンでも拡販路線を踏襲していった。さらに、新しい時代に対応するよう安全性と省資源を前面に押し出し、ラインナップはセダンとHT、バンの3つのボディタイプが用意された。しかし、デビューしてたのジャパンの評判はあまり芳しくないものであった。伝統のサーフィンライン・丸型テールランプは継承されているものの、「ケンメリ・スカイライン」の後のフルモデルチェンジとあって、今までのスカイラインが色濃く反映された新型車を期待していたファン達にとって、この「スカイライン・ジャパン」の姿は中途半端に映ってしまった。エンジンも排ガス規制の影響で発売当初はDOHCもターボも搭載しておらず、1600ccのL16S型、1800ccのL18S型、L18E型の4気筒。そして2000ccのL20S型とL20E型となった。すべてのエンジンには排ガス再循環システムEGRや酸化触媒、ブローバイガス対策であるPCVバブルなどを備え、排ガス規制には適応したものの、動力性能は大幅にダウンしてしまった。

そして、79年7月にはマイナーチェンジが実施され後期型へ。丸型4灯式のヘッドランプが角型2灯に変更された。「名ばかりのGTは道をあける」とトヨタから挑戦状を叩きつけられた日産は、ついに80年4月、ターボエンジンが搭載されたモデルを追加した。430セドリック/グロリア、910ブルーバードに次いで、日産車としては3台目のターボ車となる。搭載されたL20ET型エンジンは、最高出力145ps/5600rpm、最大トルク21.0kg-m/3200rpmを誇った。このターボ車の登場により、スカイラインの人気に再び火がついたのだった。さらにこのジャパンの人気を確たるものにしたのは、テレビ朝日系の刑事ドラマ「西部警察」の放映である。スーパーパトロールカー「マシンX」の、黒のボディにゴールドのストライプは人気カラーとなった。また、ドラマだけではなく、実際にも警察向けの車両としてカタログを用意されていた。1981年8月、スカイラインは6代目「R30」へとモデルチェンジし、再び日産スカイラインのかつての栄光を取り戻すこととなった。