>>01SUPERBODYminiラインナップ



レビン/トレノの歴史はここから始まった!カローラレビンと共にトヨタのライトウェイトスポーツの礎を築き、今もなお人気が衰えることを知らない名車「TE27スプリンタートレノ」がいよいよ登場!スパルタンで力強い走りが今ここに蘇る!好評発売中の「TE27カローラレビン」で『ニイナナ』同士の共演も可能に!

三次元CADを駆使して忠実に再現したオーバーフェンダーやフロント、テール周り。コンピューターグラフィックスによるハイディフィニションデカールで小さなエンブレムも完全再現!ボディは未塗装のクリアタイプなので、当時の純正色であるオレンジ、オリーブに仕上げるか、はたまたオリジナルカラーのトレノを作り上げるかは貴方次第!

<適合車種>
ABC HOBBY … Genetic,GOOSE,Gambado ATLAS … E54-M1 BeaT TAMIYA … M-05,M-06
<トヨタ・TE27スプリンタートレノ ボディデータ>
全長/Length : 369mm 全幅/Width : 160mm ホイルベール/WheelBase : 210mm
付属品/With : ハイディフィニションデカール、マスキングフィルム、専用電飾ライトカバー

※写真のボディは広告用に塗装されています。実際の製品は未塗装のクリアボディとなります。
※本製品に付属するホイールは標準タイプ白色になります。広告用見本はオプションホイールHSタイプにシルバーの塗装を施したものです。
※本製品には走行用シャシー、タイヤ、ホイール、ナンバープレート、マフラー、電飾LEDライトが付属しません。
※写真のモデルのヘッドライトレンズ等にはラップアップネクスト社製「リアル3Dデカール」を使用しています。
※本製品はトヨタ自動車株式会社より正式ライセンスを取得しています。

01スーパーボディミニ トヨタ・TE27スプリンタートレノ 品番 66317 価格 4,100円(税別)

トヨタ スプリンタートレノ 初代TE27型(1972〜1974)

1966年に登場しトヨタのベストセラーとなったファミリー・コンパクトカー「カローラ」。その2年後にカローラの姉妹車としてスプリンターが登場、更にその後、カローラ/スプリンターのホットモデルとしてレビン/トレノが登場した。レビンは英語で稲妻、トレノはスペイン語で雷鳴の意味がある。レビン/トレノ登場により、ライトウェイトスポーツと呼べるスポーツカーがトヨタの車種ラインナップに加わった。

外観における特徴としては、ビス止めで前後に装着されているトヨタ市販車で唯一のオーバーフェンダーである。幅広タイヤの装着も可能となり、実用車であるカローラ/スプリンターの印象をがらりと変えた。インテリアは4つの補助メーターを採用した6眼式メーター、バケット形状のフロントシート、フットレスが目を引き、黒一色で統一されスパルタンなイメージを演出した。 トレノはレビンと比べて全長が10mm長く車重も10kgほど重くなってるが、性能面では全く劣りを見せていない。メカニズムはレビンと共通になっているが、フロント・テール周りの意匠が異なり、よりシンプルな印象が見受けられる。この2台が誇った最大の特徴が軽量でコンパクトなボディに積まれた2T-G型DOHCエンジンである。セリカ1600GTやカリーナなどに搭載されていたその強心臓で、115ps/6,400rpm、14.5kgm/5200prmを発生。メーカー公表では最高速度190km/h、ゼロヨン加速は5名乗車時で16.3秒と圧倒的な俊足ぶりを発揮している。 実際の乗り味はかなり硬くジャジャ馬そのものであったが、それがまたこの車を操る喜びを演出していることに一役買っている。その結果多くの若者の心を掴み、多くへの人々が峠と駆けた。

ベース車となるカローラのマイナーチェンジに合わせ、レビンと同じくわずか5ヶ月で後期型へマイナーチェンジされた。その8ヶ月後に行われたマイナーチェンジの際、DOHCが省かれた廉価モデル「トレノJ」が追加された。翌年、フルモデルチェンジが行われトレノはTE47型と姿を変えた。その後の2000年、折からのクーペ販売不振のためにトレノの生産・販売は終了されてしまったが、旧車イベントなどの企画ではカローラ・レビンと共に根強い人気を誇っている。